ホーム » プログラム

プログラム
抄録集をダウンロード

教育講演

共催:ファイザー株式会社

 

第一会場(11階 孔雀)

8月30日 9:10 ~ 9:50

山田 俊幸 (自治医科大学臨床検査医学)

E-1 「アミロイドーシス診断におけるピットフォール」

熊本大学大学院 生命科学研究部・神経内科  安東 由喜雄

症例検討

第一会場(11階 孔雀)

8月30日 9:50~10:30

池田 修一 (信州大学医学部 脳神経内科,リウマチ・膠原病内科)

石原 得博(前 山口大学 病理学第一講座)
江原 孝史(松本大学 スポーツ健康学科)

C-1 「診断に難渋したSAA染色陽性のALアミロイドーシスの一剖検例」

仙台社会保険病院 腎疾患臨床研究センター  水野 真一

C-2 「メルファラン・デキサメタゾン併用療法が効奏し良好な経過を
維持している重鎖型(AH)原発性アミロイドーシスの一例」

虎の門病院 腎センター・リウマチ膠原病科  菊地 晃一

ランチョンセミナー1

共催:武田薬品工業株式会社

 

第一会場(11階 孔雀)

8月30日 12:00~12:45

樋口 京一 (信州大学大学院医学系研究科疾患予防医科学系加齢生物学)

L-1 「脳Aβアミロイドーシスの病態と治療・予防」

金沢大学大学院 脳老化・神経病態学(神経内科学)  山田 正仁

ランチョンセミナー2

共催:中外製薬株式会社

 

第二会場(11階 朱鷺)

8月30日 12:00~12:45

西 慎一 (神戸大学医学部附属病院腎・血液浄化センター)

L-2 「AAアミロイドーシスの臨床 −病態及び診断と治療の進歩−」

道後温泉病院 リウマチセンター  奥田 恭章

シンポジウム1

第一会場(11階 孔雀)

8月30日 15:10~16:25

麻奥 英毅 (広島赤十字・原爆病院検査部)

「免疫グロブリン関連アミロイドーシスUp Date」

S-1-1 「全身性AL アミロイドーシスの治療 −最近の進歩−」

社会保険京都病院 血液内科  島崎 千尋

S-1-2 「限局性AL アミロイドーシス (amyloidoma) の診断と治療」

信州大学医学部 脳神経内科,リウマチ・膠原病内科  池田 修一

S-1-3 「AHアミロイドーシスの診断と治療」

信州大学大学院医学系研究科疾患予防医科学系加齢生物学
信州大学医学部 脳神経内科、リウマチ・膠原病内科
矢崎 正英

シンポジウム2

第一会場(11階 孔雀)

8月30日 16:25~17:40

内木 宏延 (福井大学医学部病因病態医学)

「アミロイドーシスの発症機序とその制御」

S-2-1 「Seeding反応による伝播現象から見たアミロイドーシスの病態」

信州大学大学院医学系研究科疾患予防医科学系加齢生物学  樋口 京一

S-2-2 「Aβ凝集機序とその制御薬の開発」

金沢大学大学院脳老化・神経病態学  小野 賢二郎

S-2-3 「独自に開発した新規核酸医薬を用いた家族性アミロイドポリニューロパチーの治療法の開発」

東京医科歯科大学大学院 脳神経病態学分野(神経内科)  横田 隆徳

一般演題

第一会場(11階 孔雀),第二会場(11階 朱鷺)

8月30日 午前・午後

ATTR, AL, AA, 脳,実験的アミロイドーシスなど計35演題

懇親会

参加者の懇親と情報交換の場として懇親会を開催します。ぜひご参加ください。

日時

2013年8月30日(金)18:00~19:30(開始・終了時刻は変更する可能性があります)

会場

東京都千代田区大手町1-4-1 KKRホテル東京 11階 白鳥

会費

2,000円

 
演題の新規登録・編集
タイムスケジュール
会場

東京都千代田区大手町1-4-1
KKRホテル東京

Googleマップを見る 会場までの地図を見る 会場内の案内図を見る
 

ページ先頭へ