ホーム » 発表者の方へ

発表者の方へ

発表者の方へ

  • 発表は全て口演(Power PointファイルによるPC発表)で行います。
  • 発表データは、USBメモリまたはCD-Rのいずれかの形式でお持ち込みください。一般演題の発表では、PC接続の切り替え等の時間がないため、ご自身のPCの持ち込みはできません。動画による発表がある場合は念のためご自身のPCをご持参下さい。
  • お預かりしたデータは発表終了後事務局が責任をもって消去します。
  • 主催者が用意するPC OSはWindows7です。対応可能ソフトはPowerPoint 2003/2007/2010/2013です。PowerPoint以外のソフトは使用できません。データはWindows版PowerPoint2003/2007/2010/2013で作成してください。
  • 作成したデータは、持込みに使用するUSBメモリまたはCD-Rへコピーした後、作成に使用したPCとは別のPCで再生できることを事前にご確認ください。
  • フォントはOS標準のもののみ使用できます。文字化けを防ぐため下記のフォントを推奨します。
    [日本語] MSゴシック、MS Pゴシック、MS明朝
    [英語] Arial、ArialBlack、ArialNarrow、CenturyGothic、CourierNew、Symbol、Georgia、TimesNewRoman
    ※これら以外の場合は文字化けする可能性がありますのでご注意ください。
  • Macintosh PCでファイルを作成された場合は、必ずWindows PCのPowerPoint 2003 / 2007 / 2010/2013で動作の確認をしてください。

1.教育講演発表者の方へ

  • 発表時間は質疑応答を含め30分です。
  • 発表データをPC受付にご提出下さい。

2.ランチョンセミナーの発表者の方へ

  • 発表時間は質疑応答を含め40分です。
  • 発表データをPC受付にご提出下さい。

3.シンポジウムの発表者の方へ

  • 発表時間は質疑応答を含め20分です。
  • 発表データをPC受付にご提出下さい。

4.一般演題の発表者の方へ

  • 発表時間は6分、質疑応答2分です。
  • 発表データをPC受付にご提出下さい。

発表のファイル作成上ご留意いただきたいこと

色覚特性への配慮:スライド作成に際しては色の組み合わせの注意をお願いします。
詳細は「色覚の多様性と色覚バリアフリーなプレゼンテーション」(岡部正隆、伊藤啓)(外部サイト)などを参照してください。

岡部氏らによれば、

文字色と背景色の選定について

図形や文字の色と背景色を選ぶ際には、色相だけを変えるのではなく、明度を大きく違えるとよい。

明るいバックに暗い文字か、暗いバックに明るい文字にする。明度の似通った赤と緑などを同時に使用すると区別がつかない。

長波長の光を認識できない1型2色覚の人は、暗い背景色における「濃い赤」の文字が全く読めないことがあるので、暗い背景に赤い文字は避ける。

また色情報の載っている面積が小さいと、背景色との違いを区別しにくくなり、図形そのものが視認できなくなることがある。

書体(フォント)の選定について

線が細い明朝体やTimesでは色面積が小さいため、文字色を見分けるのが困難である。

色分けをしたい文章では、線が太いゴシック体や、Arial、Helveticaのボールド書体を使うとよい。

倫理面とプライバシーへの配慮

発表にあたって、倫理的な面や個人情報保護の点からプライバシーへの配慮をお願いします。厚生労働省から出ている「臨床研究倫理指針」を参考にしてご注意をお願いします。

 
演題の新規登録・編集
タイムスケジュール
会場

東京都千代田区大手町1-4-1
KKRホテル東京

Googleマップを見る 会場までの地図を見る
 

ページ先頭へ